オプション品の値引き

本命車種の値引き幅が拡大してきたところで、次はオプション装備品を使っての実質的な新車値引きを狙います。

初期の新車値引き交渉段階では、必要最低限の装備品だけ(例えばフロアマットなど)に留めておいて、値引き幅が拡大した時点でお目当てのオプション品を、無料サービス若しくは半額値引きといった形で、新車値引きにプラスする形をとります。

カーナビは標準装備という車種も増えてきましたが、別途購入すれば10~30万円はしますから、初期の値引き交渉の段階では見積もりに入れずに、頃合を見計らって実質的な新車値引きに組み入れるという方法もあります。

エアロパーツ類も比較的単価が高く、実質的な新車値引きの交渉材料には好都合といえます。

新車値引き交渉の前に愛車の相場チェック

新車値引き交渉の前には、まず愛車の相場を知っておくことが重要です。

■くるま楽市■では、多数の買取り会社の中から5社を選んで、オークション感覚で愛車を最高値で売却が可能なサービスをご用意しております。もちろん無料でご利用になれます。

事前に愛車の相場を知っておけば、有利に値引き交渉をすすめることができます。

必要項目の入力は、最短16秒で終了。

メーカー別新車値引き相場検索


トヨタ 日産 ホンダ マツダ 三菱 スバル ダイハツ スズキ